ヤマサンツリーファーム(宮崎県美郷町)若手3人の紹介


木原健太さん(33歳)


宮崎県美郷町で、主に伐採・集材・素材生産を行うヤマサンツリーファームに、昨年の1月、異業種(住宅業界)からの転職。
前職ではストレスを伴う仕事に終われたが、現在は、自然と向き合いストレスフリーの日々を送れる生活に。
通勤も町内にある自宅から車で出勤し、約30分で現場に移動。
現場では8:00~5:00までの作業を行う規則的な生活。
今日も美郷町南郷の標高800m程の山頂での仕事。
明け方は冷え込むが、宮崎ではよく見られる1月の小春日和。
昨年の3月から始まったこの現場にかれこれ10ヶ月。
今年の5月くらいまでに伐採から植林までを行うという作業。
仕事以外では、パチンコが唯一の趣味!
これまでのようにストレス解消ではなく、パチンコを純粋に楽しむ今日このごろ。スローライフを満喫中!


中田昴希(こうき)さん(23歳)


地元の高校を卒業し、京都の林業大学校を卒業。
その後、父と兄が勤めるヤマサンツリーファームに就職。
兄の直希さん(33歳)もこの業界に転職して7年目。こうきさんには頼りになる存在。
京都の大学校生活では、九州では取れないような資格も取得できるなど、
今の自分には大きな財産となった。
3年間の「緑の雇用」を終了し、今では先輩方と肩を並べる活躍を見せている。
休みの日は、「趣味の映画鑑賞や、愛車のマツダCX-8でドライブすること」と、若者らしく無邪気な笑顔で答えてくれました。


甲斐保行さん(21歳)


地元の高校卒業後、県外へ就職。その後Uターンでヤマサンツリーファームに。
この業界に飛び込んだきっかけは中学生までさかのぼる。
当時、学校の授業で行われていた職場体験で林業と出会い、
そのときの楽しかった想い出が今につながった。
現在、緑の雇用研修生2年目。多くの資格取得に取り組む日々。
あと1年で必要な資格を取り終え、第一線の現場で活躍できるのもそう遠くない。
現代っ子らしく、休日は1日中、PS4でゲームに興じる。
そろそろ、休日を彼女と過ごせると良いんですが・・・
そのためにも、現在、彼女絶賛募集中!!


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る