• 若さあふれる宮崎の林業を

認定事業体・ひなたのチカラ林業経営者

① 認定林業事業体とは

 林業労働力の確保を促進するため、事業主が「雇用管理の改善」と「事業の合理化」を一体的に取り組む改善計画を作成し、知事の認定を受けた事業体のことを「認定林業事業体」と呼んでいます。

 宮崎県では令和3年4月1日現在で145の事業体が認定されています。 国が実施する新規就業者を雇用して行う研修(「緑の雇用」事業)に参加するには「認定林業事業体」であること等の条件があります。

 詳しくは公益社団法人宮崎県林業労働機械化センターHPへ
URL http://www.ringyokikai.jp

② ひなたのチカラ林業経営者とは

 知事が森林経営管理法第36条第2項で定める要件に適合すると判断し公表した民間事業者のことを、本県では「ひなたのチカラ林業経営者」と呼んでいます。 宮崎県では令和3年4月1日現在で65の経営者が登録されており、県HPで公表しています。

 詳しくは県HPへ

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/sanson-mokuzai/shigoto/ringyo/hinatanotikara.html

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/sanson-mokuzai/shigoto/ringyo/ringyokeiei.html

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る